R太のざっくり雑記

40代おじさんです。ベトナム出張がブログの書き始め。現在は、育児や料理、英語など興味のあることをざっくり備忘録として記してます。質はともあれ、なるべく頻繁に更新します!

息子が太り気味である

昨年度の夏を境に息子がかなり太った。腹回りが、中高年である。あごも二重顎。
それもそのはず、最近食欲あんなぁとは思っていたが、本当によく食べる。
朝食からお代わり連発。回転ずしにいっても、手数が多く、勢いよく食べている。

幼稚園の時などは、食が細く全然食べず痩せていた。
食べないで痩せていると、親はとても心配する。不健康そうで、病弱そうだからだ。
しかし、そんなのも今は昔…。
いまや、食べ過ぎを心配している。

いやはや、ダンスは週一で通っているのだが、それ以外はあまり動かない。
お菓子をよく食べる。動かずに食べればやっぱり太るんだよなぁ。

妻はかなり心配している。

豊川悦司やイエモンの吉井さんは、小学生時代すごい太っていたらしい。
それを考えて、俺は、いや無理に痩せなくてもいいんじゃない、というスタンスであった。
しかし、近頃の腹回りを見るとやや不安になりつつある。

どう考えても、デブはモテない。
なんだかんだ、若い時の自己肯定感を育むのは親以外では、異性にもてることと思っている。
いや、異性にさえモテればあとはどうでもいい、くらい思っている。
それを考えると、マズい状況といえる。

まぁ、太ってもタテに伸びればいんじゃない…と思っていたが、先日の健康診断の結果を見て愕然。
太った時期の半年で1cmしか伸びていない。
逆に成長を脂肪が阻害してんじゃないか!?と思うくらい。

しかしながら、痩せてても心配するし、太っても心配する。
親という稼業はいったいなんだろうか。
そこにたまに定期的に訪れる、まぁ、元気に生きてさえいればいいよ子供なんてという楽観主義。
そして、まためぐる心配のサイクル。

自分も親によく心配されてずいぶん重荷だったなぁと思うけど。
親というのは因果な役割である。

ユーチューバーのセカンドキャリアは?

最近よくユーチューバーがオワコンだとか聞く。
年々収入が減っているということを、動画で告白しているユーチューバーがいる。
その話題すらも動画にして、広告費を稼いるから勘ぐるが、本当っぽい。

ユーチューブ運営会社はグーグルさんである。
広告効果がないので、明日広告費を下げる!といってしまえば、そうなる。
ユーチューバーは、労働基準法で守られているわけでもない。
その日から一気に収入が下がるだけである。

そう考えると、ユーチューバーは怖い職業(?)であろう。
今年に入って多くのユーチューバーがそういっているなら、今後はさらに下がり数年後には子供のなりたい職業ランキングからは華麗に姿を消すことになるのだろうか。

余計なお世話であるが、若いうちから友達とだけやり始めて、これ一本でやってきた人は、セカンドキャリア的にはどうするんだろうか?

かなりの稼ぎがあったとしたら、サラリーマンなんてやってられないのではないだろうか。
さらには、中高年層の人事担当が、元ユーチューバーを採用するだろうか…。
なんか双方に難しい気もするなぁ。

一方、いやしかし、専業でやってきたユーチューバーってじつはすごいのではないかとも思う。

生活の保障なく、毎度動画をとって公開しまくる、しかも顔出しで。
これを精神を病むことなく繰り返すって大変である。
職業的には、漫画家に近いのではないか。

超有名な漫画家は、家の中で閉じこもっていて世間知らずにならないかという問いに、自分の作品が自分の代わりに、世界中様々なところに行っているんだよと。
世間知らずになるわけがないといっていたとかいないとか。
なんだって自分の作品を世に出すということは偉大だよね。

そう考えると、ユーチューバーオワコン記事には、そんな生ぬるいことで稼いで、けしからんと思ってたんだ!というある一定の層を楽しませる効果がある。

俺もちょっとそう思ったし。
しかし、意外とセカンドキャリアもうまいこと行くのかも知らんね…とも思うなぁ。
まぁ、みんなではないにしてもね。

ラウンドワンのコインゲームで2000枚!

最近ラウンドワンのコインゲームによく行っている。
中毒性があるとともに、ギャンブル性が育ってしまうのでは?と避けていたが、ラウンドワンの小学生無料クーポンにやられた。
IMG_9243

大人が1200円315枚のコインを購入すると、小学生以下は315枚無料でもらえるというやつである。
つまり1200円で630枚手に入るのである。
これでかなり遊べるということを知ってからチョクチョク行っている。

なんだかんだ、体力的にも公園とか行くより楽だからついこちらに足を向けてしまう。
この前、息子と娘で釣りのコインゲームをやっていて、恐ろしいほどのコインが当たってしまった。
基本は、動く二つの台座にコインを落として、たまったコインを下に落とすというのがパターン。
そこにウキのボールがあって、それが落ちると釣りが始まるシステム。

昔愚かにもハマったパチスロの演出にも似ていて、結構アツい。

だいたいは外れるのだが、その時が突然訪れる。
どういうわけかデカ物とのバトルが始まる。娘も息子も興奮。
約10分ほど(結構長い)のバトルを制した我ら。
なにが起こるのか固唾をのんで見守っていると、左上にあった網。
ずっしりとコインが乗ったその網が徐々にこちらへ移動してくる。
刹那網がひっくり返り、ドンガラガッシャーン!ズザザザーッ。

すごい音をたてて、大量のコインが我らが陣地に流入。そう、なんというかメガ大当たりである。
興奮もマックス。笑いも止まらなかった。
あとで計上されたコイン数をみると二千枚超。

少したって妻も来たので、その時の興奮を伝えつつ、ジャブジャブコインを渡す。
金持ちってこんな気分かもしれん。人に見境なく金をあげれる感じ。

かれこれ二時間以上それで遊んだが、思ったより早くなくなったのが怖い。
とにかく、楽しかった。ずるいわ、これ。
ふと、これが本当のお金だったらどうだろう…と思い震えあがる。
きっと、ギャンブル中毒者3人の誕生である。アドレナリンは怖いからね。

その後も何度かコインゲームに行ったが、あんなことは起こらない。
生涯でもなかなか経験しないほどのコインジャブジャブを経験出来て良かったと思う。

夫婦の時間2023

夫婦関係はけっこう良好である。
おそらく自分が仕事が終わるのが早く、よく家事育児をしているからであろう。
なので、まずまず会話が多い。

子どもができてからも、関係性は劇的には変わっていない。
とはいえ、圧倒的に夫婦で過ごす時間は少なくなった。
年に数回は両親に子供を預けて、食事行ったりしていたが、コロナ以来それもままならない。

このまえ、思い付きで子供を家において二人で犬の散歩に出てみた。
通常散歩は、一人で行くか、子供が付いてくるかの二択であるが、夫婦で犬の散歩である。
たしかに、夫婦で歩いて犬の散歩している人多いなぁと思いつつ、やってみたら結構いいのよ。

会議を歩きながらすると効率がいいと聞く。
ああいうのと似ているのか知らんけど、景色を移ろわせながら会話をするって結構楽しい。
IMG_9445

それでいて、愛犬も満足。
今年の夫婦の時間は犬の散歩を多様しようかと思った次第。

なんだかんだよく言われるのは、最後に残るのは夫婦であるということ。
最初にできたのも夫婦であり、最後に残るのも夫婦である。
終わりであり始まりである。

なんだかわからないが、そのコアな部分をだいじにしていきたいと思う次第である。

娘は尊いのではないかと思う

娘が可愛い、というのは父親の共通認識であると思っていいのだろうか?よく聞くので。
よくいうのは、女の子の可愛さは別格であると。

自分も娘がいる。やや、やんちゃというか構って攻撃が強すぎて、たまに怒ってしまうこともある。
逆に怒られることもよくある。
怒って、体を叩かれるのだが、娘は体を動かすことが大好きで、空中逆上がりもグルんグルん回るので、筋力があって力が強い。
尻をひっぱたかれても普通の子どもより強烈なインパクトがある。
とっても、いったいんだもん…。
そんなやりとりを日常でしつつ、娘という存在の可愛さについて思っていた。

そんなある日、仕事帰りに駅前を家路に向かって歩いていた。
少し先に、小学生(10才くらい?)の女の子と父親らしきおっさんが手をつないで歩いている。
自分が言うのもなんであるが、結構禿げてるおっさんで、まぁ自分がいうのもなんであるが汚いおっさんである。

ここで、天啓のように閃いたのが娘の尊さである。
自分も、正直汚いおっさんである。年々抵抗していも、もはや完成形に近づいている。
ひげも汚いし、なんか顔にシミも出てきている。
こんなおっさんでも、娘だけは手をつないでくれるし、抱っこをせがんでくれる。
おっさんにとって、これほどの自己肯定感はあるだろうか?

前を歩くおっさんだって、はっきりいって過去はどうであれ、いまは女性に見向きもされないルックスだろう(ごめんなさい)。
でも、娘だけはしっかりと手を握ってくれるし、全身を使って父親大好きを表現してくれる。

娘はかわいいのではなく、むしろ、娘は「尊い」のである。
これが自分の結論である。

この娘にいずれ、必ず生理的に毛嫌いされる日が来る。
それも、含めて娘は尊い…のではないだろうか。
しかし、いやだなぁ嫌われるのと思いつつ、この時間を大切に生きようと思う。

スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ