R太のざっくり雑記

40代おじさんです。ベトナム出張がブログの書き始め。現在は、育児や料理、英語など興味のあることをざっくり備忘録として記してます。質はともあれ、なるべく頻繁に更新します!

睡眠と切れやすさの関係性

最近人体実験のように意識していることがある。睡眠と怒りやすさの相関関係である。

早朝バイトを始めてから、週三回くらいは普通に睡眠不足である。
とはいえ、5時間くらいは寝ているのだが、それでも少ないだろう。
そして、早朝バイトがあるときほど、夜子供に怒りやすいことに気づいた。

なんか、許容量が極端に狭いというかなんというか…。
先日も、パソコンでいろいろ見ていたところに娘がスライムを持ってやってきた。
ぬっるぬるのベタベターのあれである。
王道の緑色をしているのがまたなんとも。

まぁ、子を持つ親ならこのあと何が起こるか、パターン的に把握できるだろう。
そう、娘の手を飛び出したスライムがべたっーと俺のパソコンへ…。
キーボードにいったらあかん!と即座に思った俺は、「こっちもってくんなよ、そんなもの!」と怒声をあげてしまったのである。
実際スライムはパソにはかからず机の上に飛来したのだからいいのだが、怒りが怒りを呼んで、いろいろその後小言を言うという始末。

すっかり、嫌になった娘は俺から遠ざかっていった。

これが睡眠を十分とっていたらどうだろうか。そう、スライムをもって近づいてきたとたんに、パソコンをぱたりと閉めて、ちょっと遠ざけるだけ。
これによって、万が一のスライムの被害をスマートに回避できている、はずである。

つまり、睡眠不足とは知恵が回らないということである。
最近睡眠は大事ということが巷で叫ばれているが、どうやら8時間くらい寝ろといっているらしい。
たしかに、8時間寝ればいろいろなことに大らかになる気がする。

しかし、早朝バイトがあるなかで8時間睡眠を確保するには、夜8時に寝なければならない。

なかなか難しいなぁと思っている。

ニンテンドーswitchのジョイコンを修理している

どうやらswitchのジョイコンは壊れやすいらしい。
うちも何度か壊れては、買ってで都合6つくらいジョイコンがあった。

顕著な壊れ方としては、キャラクターを動かすスティックが触ってもないのに勝手に動くという、ゲームの根幹を破壊する嫌なもの。
あと最近は、これに加えLEDが光る部分が壊れて、ジョイコンを同期させられないというもの。

こちらも皆で楽しむという喜びを奪う嫌さである。
どうやらジョイコンはわざとやっているのか!というくらい壊れやすいらしい。

はっきり言ってジョイコンが壊れるというのは、車でいうハンドルが壊れるのと同じである。
とてもそのままにしておけない!だからこそ、高くても買ってしまうのだが…。

最近のジョイコンたるやamazonだと一万円超え。ヨドバシだって九千円近くする。いちいち壊れるたびに買ってはいられない。という感じで、ジョイコンの修理を自分で始めた。

面白いもので、内部の修理キットがamazonで売っている。
ずっと使える修理キット+パーツは5、6百円で買えるので、全部合わせても2000円以下である。

しかし、こんな複雑な電子パーツ自分でなおせるのか!?と一抹の不安を抱えながらも、やり始めたのが1年前くらい。今では、すっかりジョイコンのリペアマンになっている。

スティック修理はお手の物であるが、先日初めてLEDパーツの修理をした。
こちらも、しっかり直った。

まぁ、これもYOUTUBEで修理方法を公開している人のおかげである。
あらためてYOUTUBEってすごいなぁ。もはやあらゆる知見がここに集まりつつある…。

しかし、息子のジョイコンを直したのだが、もっと直したい!というよくわからない欲が出てきた。

ジャンク品を買って直そうか…と考えていたら、同じような人が最近は多いらしい。
ジャンクジョイコンを買って修理して、メルカリとかで売るとか。
なるほど、確かに需要があるかもしらんね。


秋を虫で知る

蝉の声が聞こえなくなってきた。
しかし、残暑というか暑さはまだ残る。

公園に行くと、蝶々とともにトンボが沢山飛来していた。

100円ショップで買った虫取り網をもって、娘がいざ走り回る。
蝶々と違って、トンボは取りにくいと初めて知った。
なかなか、一カ所にとまらない。

それでも、娘は持ち前のフットワークで駆け回り、捕獲。
結局、5匹くらいとった。
IMG_8003

しかし、まじかで見るとトンボの顔ってTHE・昆虫って感じ。
仮面ライダーってここから来たんだっけ。
あのフォルム考えた人、なんでこれにしたんだろうか。

トンボ、バッタ、蝶々。

虫取りにハマっていた娘だが、さて来年は虫取りなんかやるのだろうか。
子どもの成長は早い、季節単位でみたらあとどのくらいこうやって一緒に行動できるのだろうか。

何気ない時間にちょっとした憂いを感じる。
これも秋のもたらすものであろう。

いや、それはそうと、もうそろそろ帰っていいですか…。かれこれ公園で、3時間…であった。

美味くても不快ならいかない

地元のラーメン屋に開拓に行ってきた。

駅前で味噌が美味しいと話題である。
夜9時ころ、わりかし空いている隙を伺い、食券を購入。
ビールと黒味噌ラーメンの鉄板仕立て。

席についたらたいてい、すぐにビールってくるもの。

待てども待てども、来ない…。

あれ?と思いつつ、もしやラーメンとともに持ってくるスタイルなのかと勝手に解釈。
一番おいしいスタイルはその店が提案するもの。

まぁ、そういうこともあるかと待つ、待つ、待つ…。

全然、こない。

さんざん待って、戸惑いながら店員がただの味噌ラーメンを持ってきて、こちらでしょうか?と。
いや、黒味噌とビールを頼んでんだけど…俺にしては強めにいう。

普通ならこの時点で、すぐに謝罪してビールは持ってくるだろう。
しかし、あろうことか、俺の後に入った左隣の人に、黒味噌が着丼。は?
いやぁ飲食店で切れることってほとんどないのだけど、さすがにピりついた。

でも、他の客の手前、雰囲気が悪くなるのも悪いので我慢。

しまいには、もっと後から来た右隣も着丼。
ふざけんな!
と心で怒り爆発。
その後に申し訳ないかんじで、来たけどさすがに腹立って味がよくわからかった。

何もなければ、美味しい店で終わったがとても残念である。

店のレビューなどに書いてやろうかと思ったが面倒なのでやめた。
しかし二度と行かないだろう。
こうやってサイレントでフェードアウトしていく人も多い。

日本は接客にうるさいなどというが、さすがに注文を忘れるのは最低限だめであろう。

なんか、ブログに書いていたらまたイライラしてきた。

口コミにかいてやろうかなぁ。やっぱいいや。

二歳の誕生日

うちに来て約二年のお犬さんである。

はっきりいって、子どもと妻の衝動買いである。俺はいやいや、それは駄目だろうとかなりキツメに犬を飼うことを否定した。どう考えても、お金がかかる気がしたし、当時はウサギもいた。子どももまだ手がかかるし、散歩はどうすんだ?と元来慎重派の俺は、いろいろと理由をあげた。しかし、まったく意見が通らなかった。

実際、飼っていて思うが、犬は大変である。

今だって糞尿を廊下にしちゃうし、うさぎの時はできた泊りで家を空けるということができない。散歩だってしなくてはいけない(あまりできていない)。

そんなこんなの否定から入った犬との生活であるが、結果からいうととっても可愛くなってきてしまっている。うさぎが10才で死んでしまったのもあるかもしらんが。

うちのワンコはいわゆる家族に序列をつけない、超平等主義である。息子に上からのしかかられようが、怒らず、次に撫でられたときには、やられた嫌なことをすっかり忘れている。前世はガンジーかなんかだろうか…?

外にいけば犬より人に駆け寄って、愛犬家たちを喜ばす。なかなかの博愛主義者ならぬ犬である。

そんなこんなで、二歳の誕生日を家族で祝った。
IMG_8042

犬用のケーキを頬張る彼。これからこのワンコとどんな歴史を刻んでいくのだろうか…。どんな歴史を刻もうが、一年前の家から飛び出して、全速力で車道を車と平行に走ったあの脱走事件を超えるものはない、と信じたい。
IMG_8043

誕生日おめでとう。
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ