ひそかに、プログラミングの勉強をしている。
わかりやすいという理由で「python」という言語を選んでいる。

10年前にも、チャレンジした記憶があるが、コマンドプロンプトのところを最期に挫折した(初歩の初歩である)。今回は、とにかく挫折せずに、ちょっとずつでも続けることを信条に開始した。

なんとか2年目。まったく初心者を抜け出ていないが、続いている。

前回挫折したコマンドプロンプトも何かがわかった。
pythonの方は、defで始まる関数をなんとか理解して、クラスの学習にはいった。
しかし、このクラスがちんぷんかんぷんである。

正直、今の実力では、西暦を和暦にするプログラムぐらいが関の山である。
だが、プログラミングの世界は奥が深い。
一生やり続けるくらいの手応えを感じている。

大きな野望はある。
昔なつかしMSX。
「プログラムポシェット」という素人投稿のプログラム雑誌が大好きだった。
よく思っていたのが、自分でゲームを作りたい!であった。
そんな気持ちは持っていたが、そこは齢10歳。そしてまわりに教えてくれる大人はいなかった…。

そんなこんなしてる間に、ファミコンにすっかりハマってしまいMSXはお払い箱。
そこから文系の道に進むのだが、ずっとプログラミングへのあこがれは持っていたのだ。

ここに来てなぜやり始めたはよくわからないが、そういうタイミングだったのだろう。
ちょっと難しすぎて、職業にしよう!とかは無理だけど、地道に学んでいきたい。

とりあえず初期に買った「独学プログラマー」をバイブルにがんばります。