このご時世、家にこもることが多くなる。
そうなると、結構酒を昼から飲む人も多いんじゃないかな?
俺は、子供もいるし控えてるけど、それでもこの前早朝バイトを終えて、午前中に帰宅した日。
こうなったら、昼から飲んでやれとビール日本酒と立て続けに飲酒。

もう四時くらいにはお眠り寸前。

子供の遊んでの声を振り切ってベッドへ。そうして、気づいたら七時…。
その間もちろん記憶欠落。
これはいかんなぁと思った次第。

思えば酒を飲むと、気持ちよくなって寝てしまう。
これは、ゲームなどでよくあるスキップ機能ではないだろうか。
あの、シュミレーションゲームとかであるやつ。
なんだか面倒なことがあるとき。多少人生のコマを進めたいと思うときもある。
そういった時に酒は有効なのではないだろうか?

しかし、辛いことがありすぎると人生を進めすぎて、しまいにはアル中になったり自死したりして進めすぎてしまう…。
酒を飲むというのは楽しい半面、そういった側面もあるのだろう。
辛い時に飲むのはやめたほうがよいかもしれない。

特にいまのように世情が不安定のときは。