那須川天心と皇治の試合をタイムリーで見た。
こういった、他団体の対決はいつの時代もムネアツである。どっちが強いかという掛け値なしのエンタメ。結局、天心が強かったのであるが、皇治も、蹴りとかもらいながらも倒れなかったというところが評価されている。

とはいえ、やっぱり那須川天心は強いなぁという印象。
次は武尊か…というところが見どころか。語っているが、最近のK1とかほとんど見ていない。とはいえ、武尊とか皇治くらいは知っているので、こういうタブー対決は好きである。

しかし、昨今の格闘技界隈には少し不満がある。
YOU TUBEなどで、簡単にライバル的な格闘家が絡んでしまう。もはや、その段階で緊張感ゼロである。もっと、なんつーかバチバチの緊張感が欲しいのに…。最近は、格闘家も自ら発信するので、気になる相手にはどんどん絡んでいけてしまう。

何を隠そう、中学生から全日本プロレスファンである。
馬場はいいとして、ジャンボ鶴田や三沢を筆頭とする四天王が大好きであった。そして、常に言われてきたのが新日の闘魂三銃士とどっちが強いかというテーマである。

三沢対武藤、川田対橋本、そして鶴田対長州とか。あくまでも、全盛期のころ対決してほしかったという思いがある。あの頃は、全盛期の他団体トップ同士がやりあうなんて、なかったので、ファイアープロレスなどで夢の実現を仮想していた。

実際そのご、いくつかは実現するのだが、全盛期を過ぎていたが、やはり興奮した。
そういや、小川対三沢とかもよかったな。タッグだけど。

こういった興奮は、基本「実現不可能」であることが条件である。それが、可能になるから興奮するのである。いまもって悲しいのは、鶴田がこういった他団体対決を経ずに病で死んでしまったことである。鶴田のエグイ角度のバックドロップが長州に決まっていたら…とかよく想像したなぁ。

一時期は、総合格闘技やK1でプロレスラーがどこまでいけるか、というのにも興味があったが、ミルコクロコップと新日の永田の試合を見て、興味を失った。

いや、レスラーは強いよ!でも、ああいうのはよくない…ちょっと路線がちがうよ、みたいな言い訳をしつつレスラーを擁護するのも面倒だ。でも理論的にいえば、総合の選手がジャンボ鶴田のバックドロップを食らったら失神するだろう。問題は、食らわないのだ、ガチンコで逃げるから。でも、それを逃げずに食らうレスラーはやっぱり強いのである。

ところで、今の武尊と天心の距離感は、とてもいい感じである。
もうみなが、諦めてる感じもよい。だめだろう…からの、実現、これが格闘技の魅力である。
ぜひ、年末とかにやってほしいなぁ。