ワクチンで収束するのかと思っていたのに、大阪を中心にまた蔓延しだしたみたい。またまた、責任の押し付け合いが始まる。若者がとか、カラオケがとか、飲み屋がとか。

とはいえ、昨年みたいな自粛はもうできないっぽいし、オリンピックはあと100日だしで、完全にやってることがチグハグだなぁ。まぁ、批判したところで収まらんだろうから、自分の身を守るために手洗い、マスクをするのみである。

最近自粛ロスという考え方があることを知った。
一般的には自粛疲れであるが、その反対である。被害を被る人もあれば、恩恵を受ける人もあるのが世の常。飲み会が嫌な人は多いだろう。リモートが肌にあうと気づいた人も多いだろう。たしかに、インドア派で、雇用が維持されており、給与も下がっていない人にとっては、恩恵のほうが良いのかもしれない。

かくいう自分は…と考えると、経済的にはさほど変わらずである。
しかしながら、さすがにロスはないだろうな。実害としては実家にいけないというのが大きい。毎度、自分の実家に子ども連れていったりしていたが、昨年からぱったりである。高齢両親を慮ってのこと。

届け物などで、車で来てもらうことが最近あったが、ずいぶん老けたような気がする。両親にしても、元気ではあるが、残りが多くない人生を、孫との接触が制限されるのはかわいそうである。

いや、まてよ。もしかしたら喜んでるのかな?結構疲れるからね孫の世話は。もしや、両親もロス派か…。

老体に鞭をうって孫の面倒を見ていた祖父母にとっても、コロナは逆に福音だったりして…。まぁ、いろいろあるが、やはりウイルスに怯える暮らしは早く終わってほしいよ。