子どもたちが大好きな料理にイカ焼きがある。
22094552_s
もはや、料理といってもいいのかも憚れるが。しかし、いちおうスルメイカを下ごしらえから調理するから、料理といってもいい。

休日の昼間に、買っておいたイカをだして、頭をとり、内臓をずるっと出す。
中にある細い骨をとって、洗ったらほぼ下ごしらえ終わり。げその部分を切り離し、あとは、適当にわっかに切ったり、短冊形にしたりなんでもあり。

げそと切ったイカを油で炒める。身が赤くなってきたら、適当に醤油をかける。
みりんもなんとなく思いついたのでかける。味をつけるように炒めてフィニッシュ。

トータル5分足らず。

水産動物であるが、魚をさばくような大変さがない。
それでいて、味はほぼ間違いなく美味しい。子どもたちへ提供すると、すぐにお代わりの雄たけびが。

3パイくらい今度は買っとこうかな。
ちなみに以下の数え方はぱい(杯)である。これは、頭を離したイカの胴体が盃のようであることから来ているらしい。

たしかに、いかめしとか胴体に詰めるし、あそこに水入れても漏れない。
コップがないときは、イカの胴体を代用しちゃってもいいのかもしれない。
いや、でもアニキサスとかあるから、やめたほうがいいか。
とはいえ、今回も完璧なイカ焼きを作れてご満悦である。