緊急事態宣言と蔓延防止であるが、なにを宣言しているのか最近正しく理解している人はいないのではないだろうか。

宣言の危機感のピークは昨年春あたりであろう。緊急事態宣言とともに、学校が休校になった。子どもがいる世帯は、相当大変だったが、なんだかんだそのおかげで危機感がすごかった。

その後の感染者の下がり方をみれば、やはり一定の効果があったのだろう。

対して、今である。

オリンピックと同時進行の緊急事態宣言の空虚なこと。言葉遊びのような感じになっている。
最近も、重症者のみ入院可能。中レベルは自宅療養といって、バチンバチン叩かれた末、やっぱ中レベルも入院OKとなった。これもよく考えてみればわかるが、言葉遊びレベルである。

感染爆発によって、今後、病床が確保できないから、重症者以外はってなったのだろう。
その肝心な部分が解決されないのに、中レベルも…といわれても。

結局、入院できないことには変りないんであろうね。
まぁ、もうすでに国の宣言などに期待したりする環境ではないので、個人で引き続き感染防止をするしかないよね。

かかっちゃったらもうしょうがない、という感じになってんな。
しかし、自宅で呼吸困難で死ぬのだけは嫌だなぁ。