最近よくユーチューバーがオワコンだとか聞く。
年々収入が減っているということを、動画で告白しているユーチューバーがいる。
その話題すらも動画にして、広告費を稼いるから勘ぐるが、本当っぽい。

ユーチューブ運営会社はグーグルさんである。
広告効果がないので、明日広告費を下げる!といってしまえば、そうなる。
ユーチューバーは、労働基準法で守られているわけでもない。
その日から一気に収入が下がるだけである。

そう考えると、ユーチューバーは怖い職業(?)であろう。
今年に入って多くのユーチューバーがそういっているなら、今後はさらに下がり数年後には子供のなりたい職業ランキングからは華麗に姿を消すことになるのだろうか。

余計なお世話であるが、若いうちから友達とだけやり始めて、これ一本でやってきた人は、セカンドキャリア的にはどうするんだろうか?

かなりの稼ぎがあったとしたら、サラリーマンなんてやってられないのではないだろうか。
さらには、中高年層の人事担当が、元ユーチューバーを採用するだろうか…。
なんか双方に難しい気もするなぁ。

一方、いやしかし、専業でやってきたユーチューバーってじつはすごいのではないかとも思う。

生活の保障なく、毎度動画をとって公開しまくる、しかも顔出しで。
これを精神を病むことなく繰り返すって大変である。
職業的には、漫画家に近いのではないか。

超有名な漫画家は、家の中で閉じこもっていて世間知らずにならないかという問いに、自分の作品が自分の代わりに、世界中様々なところに行っているんだよと。
世間知らずになるわけがないといっていたとかいないとか。
なんだって自分の作品を世に出すということは偉大だよね。

そう考えると、ユーチューバーオワコン記事には、そんな生ぬるいことで稼いで、けしからんと思ってたんだ!というある一定の層を楽しませる効果がある。

俺もちょっとそう思ったし。
しかし、意外とセカンドキャリアもうまいこと行くのかも知らんね…とも思うなぁ。
まぁ、みんなではないにしてもね。