R太のざっくり雑記

40代おじさんです。ベトナム出張がブログの書き始め。現在は、育児や料理、英語など興味のあることをざっくり備忘録として記してます。質はともあれ、なるべく頻繁に更新します!

日常

お祭りと熱中症

少し前だが、近所で子どもが楽しめる祭りがあった。1回100円のヨーヨーすくいや、輪投げなどがありまずまずの景品がもらえる。コロナになってからお馴染みなのだが、整理券があり入場が制限される。なので、子供だけで並ぶのはきついということで、平日有休をとっていた俺が、おもり役を仰せつかった。

息子と息子の友達、そして娘の3人。まぁ、このくらいなら楽勝である。
IMG_7779 のコピー
しかし、当日はクソ暑かった。他人の子どもがいるので、アイスを買ったり、飲み物を買ったりして熱中症対策をしつつ、遊ばせていた。小一時間くらいでゲームは終了し、最後景品を交換して帰るという頃。

この景品交換所が結構並んでいて暑い中、待っていた。息子の友達が先に終わり、ベンチで綿あめを食っていたのだが、ほどなくして頭がクラクラするといいだした。

これは!と思った俺。

昨年、自分自身が熱中症初期症状を経験していたので、ヤバいなと思った。すぐコンビニに行き、凍っているペットボトルを買って、トンボ帰り。ジュースを飲ませつつ、首の後ろを冷やした。しばらくして回復したとのことで、自転車に乗って帰ると言いだしたので、駐輪場まで付き添う。

精算機の前に来たら、突然座り込む友達の子。
えっ!と思ってる間に、嘔吐。

水分多めの吐しゃ物がズボンを伝って、地面に…。
そりゃ、焦ったさ。これは間違いなく、熱中症である。すぐに、近くの警備員を呼んでレスキュー。しかし、親がいないと救急車を呼ぶなどの指示ができないらしい。親がいるかいないかで、子どもの命の救命時間に差ができるという事実。

とりあえず、祭りの脇にあるデパートから安全委員みたいな人が出てきて、涼しいデパートの中へ。嘔吐はしたが、意識は確かにあり、少しずつ喋って楽になってきたもよう。息子と娘も見守る中、徐々に回復していき、親御さんを呼んでなんとか引き渡せた。

不幸中の幸いなにごともなかったが、顔が青くなるような経験をした。

思ったのが他人の子を預かっているときの、何かあった時の緊迫感が半端ないということ。やはり大人には責任がある。熱中症対策はしていたとはいえ、子どものコンディションなどで、いともたやすく体調は悪化してしまうのである。

まじで、意識不明の重体とかになっていたら、謝っても謝り切れない事態になっていた。

あとは、子どものなにかを判断するのは常に親であるということ。伊達に保護者という名前がついているだけある。他人の親では、緊急事態に対応できないのだ、法的にも。水難事故なども多発する夏、他人の子を預かる人も多いだろうが、いろいろと肝に銘じておいた方がいいかもしらん。

まぁ、一番は預からないことだけどね。映画とかならいいんだが。

コロナ再感染の恐怖

こんな暑いのに、コロナ感染者数が最多を更新しまくっている。東京は連日3万超である。

つい最近までは、三回目のワクチンを打ったし、なんといっても2月にオミクロンのコロナに一家もろとも感染している。ワクチンとこの感染による抗体があれば、いやはやもう怖いものはないじゃない!と思っていた。

しかし、一昨日みたニュースで2月に感染した一家が、再感染…というニュースが。2月って!なんて、うまい具合に不安をえぐってくるんだ。実際、半年未満で感染しているケースも散見される今日この頃。まったく油断できやしないじゃない。

今回も喉痛に苦しんでいる人が多くいるらしい。

いやだ、絶対。またあの喉痛だけは勘弁してほしい。唾を飲み込むだけで、体がぶるぶる震えるほどの喉痛なんて、聞いたことある?それが、コロナの喉痛である。

しかし、ここにきて、今まで免れてきた人が、捕まっていくような気がしている。意外と周りで感染したのはいまだに、俺と少数だけという感じなので、ちょっと寂しく思っていたところである。

そういう意味では、感染した人にやさしくできる自信がある。

一番いやなのは、誰をも先駆けて、また再感染してしまうことだが、それだけは絶対に避けて通りたいと思っている。
下手したら言わないで嘘ついちゃおうかなと思うくらい、嫌なのである。

ボーリングとクレーンゲーム

週末、妻と娘が妻の実家に泊るということで、息子と二人。なんだか計画を立てている息子。「男二人の夜を楽しもうぜ」などと言っている。なんだ?と思っていたら、最近息子の中でブームのボーリングへ行こうとの計画。

まぁいいかと、ラウンドワンでのボーリングへ。先日も家族でやったが、球を投げるだけで手首を痛める体たらくな俺。今回はやってやると密かに燃え上がった。

周りを見るとなにやら若者が多い。男女混合のグループやカップル。なんかいいなぁと微笑む俺。張り切る息子の、変な投球をたしなめつつ、指導する。しかし、人から教わることを嫌う息子。まったく指導に耳を貸さない。

ならばと、見本の投球を見せる。見事なガーター。そして、また手をひねる。このレベルの人に教わる気になれないよね、やっぱ…。息子はガーターなし設定へ変更。自動で左右のガーターガードが上がる。便利になったなぁ。

昔は、手書きでスコア書いていたこともあったよ、そういえば。今や遠隔地にいる人とコラボボーリングもできるらしい。あらゆるものがネットによって繋がっている。いい時代じゃない。

そんなこんなで、二人ともボーリングスコアはボロボロ。

憂さ晴らし(?)にクレーンゲームへ。ラウンドワンのクレーンゲームは全部100円でできるから良心的。ほかのゲーセンでは、ものによって300円とかのクレーンゲームあるけど、あれは腹立つ。とはいえ、100円でも全然とれないから次々出費がかさむ。

もうやめようかと言うときに、韓国アイドルらしきブランケットを商材とした機械を発見。これは、妻が大好きな「ENHYPEN」ではないかと興奮。これをとって妻に売りつければかなりの高値になるのでは!?と息子と悪だくみ。好きなニキくんではなさそうだけど、誰かだろうとあたりをつけて、トライ。

100円入れてクレーンがちょっと動いた時点でなぜか、穴に落ちるブランケット。何もせずにゲット!息子と爆笑しながら、歓声を上げた。そして写真をとって妻にメール。
IMG_7492
これは誰だ?という返信。

どうやら、「ENHYPEN」ではないらしい。ならばBTSだろうと決めつける。メルカリで売れるんじゃないか!と。いや、BTSでもないからという冷めた返信。

調べたところ、まったく知らない日本人だった。名前も知らなければ、グループ名も聞いたことがない。この方には申し訳ないが、だいぶがっかりした。まぁ、イケメンだしいいかとため息交じりに帰宅。二人で大和男子のブランケットを膝にそっと載せて、世にも奇妙な物語を見た。
終わるころには、ブランケットに愛着が湧いてきた次第。

なかなか男二人の夜もよかった。

暑くなってきた

毎年思うのだが、暑くなるの早くないか?暑さにめっぽう弱いので勘弁してほしい。汗っかきなのである。しかも、緊張性でもあるので汗をかいている自分に焦ってさらに汗をかくということもある。

ジョギングでの発汗は気持ちいいけど、緊張での発汗ってなんか違う。べったりしている。きっと、成分が違うのであろう。緊張成分がややぬめり気があるのではないか。

思えば体と精神は不思議な関係である。なにか不調があって、病院にいくと明らかなウイルスとか外傷以外はストレスが少なからず原因ですねといわれる。ストレスに気を付けてくださいとさらっと医者はいう。しかし、ストレスに気を付けてって!どうすりゃいいのかという感じである。

ストレスによって胃に穴が開く場合があるし、ストレスによって精神病にもかかる。

人生はストレスをコントロールできればほぼ勝ったようなものであるが、なかなか難しいよな~。とりあえず今のストレスはなんだろうか?経済的な不安を除けば、この暑さだな。

無理せず過ごすしかない。

自分の部屋が1畳半になりました

先週から部屋を移転した。

いままでは6畳くらいあって、ちょっとした男の隠れ家的な部屋であった。しかし、息子の自我が唐突に目覚めたのか一人部屋を欲し始めた。いつかは来ると思っていたが、部屋を譲りたくない俺はとくに無関心を装っていた。

齢10才弱…性的にもやや目覚め始める頃合い。
仕方ないか…、と堪忍して部屋を猛烈な勢いで断捨離した。棚など併せて90キロ近くの廃棄物が出た。ていうか、こんな太った中年の体重くらい、いらないものあったの?かなりスッキリしたよ。

さっそく、一人で寝たりし始めた息子。これでよかったと感慨深げの俺。

しかし、部屋が多いわけではない我が家。俺は、新しい部屋として、無理やりカーテンで仕切った3畳ほどの空間に押し込められる羽目に。一家の大黒柱が、ここかと溜息。

溜息もひとしお、片付けようとしたその瞬間。わたしも部屋ちょうだい!と便乗してきた娘が即席カーテンでしきって、次々におもちゃとか机を運び入れる。ひえー。

はた迷惑な隣人により、ただでさえ狭い部屋が半分に。
プライベート皆無の空間ができあがり!いままで、嫌な時は自室の鍵を閉めたりしてプライバシーを守っていた(すぐ10円玉であけられてしまっていたが…)。しかし、それももう無理。

ひらッと薄手のカーテンを手の甲で押せば、部屋が露わ。ちょっとエッチな動画すら見れないじゃないですか…。まぁ、しかたない。人間のいいところは順応していく姿勢である。さっそく、いろいろと整理して2畳、いや1畳半を自分の城にすべくリフォーム中である。

さすがのリフォームの匠もこの部屋を美味い具合にはできないかもしれない。狭すぎる!
娘のYOUTUBE動画の音もうるせー。
男の隠れ家は息子の自我の目覚めとともに、崩壊してしまったのである。

ダンスの発表会に行った

娘はダンスをやっている。話すより、体を動かすのが好きなのでダンスはうってつけである。

ダンスやピアノの発表会といえば、娘を両親がめでるイベントだろう。
しかしながら、今回のダンスイベントは、妻である。

数か月前から夜な夜な出かけては、ダンスの特訓をしていた成果を披露するとのこと。場所が偶然、俺の実家がある埼玉の市民会館とのこと。マニアックな偶然に誘われ、子どもと実家に行き、両親に子どもの相手をしてもらってる間にダンスイベントへ行ってきた。
IMG_6573
妻の回をみて、30分くらいで帰ろうかと思ったが、結局3時間超も観覧してしまった。

それだけ見応えがあったのである。
小学生から中学生くらいかなキッズが多く出ていたのだが、このクオリティが凄まじい。もう、ちょっとしたプロダンサーの域である。出てくる子たち全員めちゃうま。あまりダンスに興味がない俺も釘付け。

妻たち少し妙齢の女性たちの味のあるダンスを挟んで、終わりまで観てしまった。

個人的には、スマップの中居くんが得意とする、ロックダンスというのが面白かった。手をクルクル回しながら、機敏に踊るやつ。ちょっと昔流行ったパラパラも入っている。

基本はヒップホップのダンスが多かった。
しかし、36組ものダンスを見てしまいおなか一杯。

観覧席にダンスを終えた妻がやってきて、終盤のミスに落ち込んでいる。
いや、よくやったよ。というか、わからんってミスなんて。と慰めといた。

んが、こんな舞台で緊張せず踊って、しかも反省するなんて…。
ちょっとストイックすぎるだろう!

趣味にしてはやり過ぎているんじゃないか…と思ったが、言わないで置いた。

井之頭公園の桜と生き物

たまに息子から公園への散歩に誘われる。たまに犬を連れての散歩に。

時期柄、桜をみつつ楽しんだ。

おしゃべり好きな息子のマシンガントークに頷きつつ、愛犬をうまくコントロール。愛犬は、カラスでも猛然と追いかけるから大変…。べつに威嚇しているわけではなく、単純に興味があるんだろうね。

すずめでも、カラスでも、いろいろなものにワーって向かっていくから。
その時の引きたるや、釣りだったら海に引き込まれちゃうくらいの強さ。これ、あと十年としいってたら無理だわ…。

この日も、木陰になにかいるのを発見したらしい、愛犬。
わんわん言いながらガンガン行く。ザーッと出てきた生き物。猫?いやそれにしては尻尾がふさふさしている。なんか狸っぽい感じ。

あぁ、ハクビシンだ。

自粛中の散歩のときもここで息子とみたハクビシン。ちょこちょこ生息しているらしい。

そんなこんなで、散りつつある桜をみつつ、俺が好きなスポット。散った桜が溜まっている池へ。
IMG_6560
このマニアックなスポットを息子に紹介すると、汚いとの言葉…。
まぁ、たしかにそんな印象もあるが、この趣は子供にはわからんか…と思った次第。

FaceApp にて愛犬がゴリゴリの中東系のおじさんになる

息子が久しぶりに、俺のスマホでFaceAppをやっている。
顔が女性化したり、老化したりするやつである。かなりリアルで巷で話題だったアレである。

人の顔では飽きてしまい、顔ではないもので試したりしている。カバンに歯が生えたりして、大爆笑。

そんでもって、俺のスマホ写真ストックから、画像を呼び出して老化させたり、髭を生やさせたりしてほくそ笑んでいる。

意外に犬はやっていなかったな。
ということで、ストックから1歳の誕生日の時の愛犬の画像を掘り出して、FaceAppの魔法をかけてみたようだ。

IMG_3611

結果…、こんなかわいらしい愛犬が、

IMG_6318

ブホ!!こわっ。

なんで、こんなゴリゴリの脂ぎった中東系のおっさんになるの?こんなのホラーだよ。
歯もむき出しにしちゃって。

また、そのおっさんを娘が担いでいるというシュールな絵面。
将来こんな男が娘さんをください!なんていってきたらどうすればいいんだ…。しかも抱っこされてからに。
愛に容姿は関係ないか…ならば一発殴ってから、くれてやる!
なんて言いたいけど、すでに鼻が殴られまくったような感じになっているし。きつい…。

最初観たとき爆笑したけど、まじまじと見ていろいろ想像してたら、あまりの不気味さに引いたよ。

まぁとにかく、FaceAppは動物の顔にもなかなか腕白な変化をもたらす。
ぜひ、お試しください。

2月も終わりか

いやぁ、2月はなんだか早かった。もう終わりか?という感じ。
なんかあったっけ?
と忘却のかなたに押しやっても忘れられない。

2/1からコロナによる一家もろとも感染で2週間自宅療養したのである。
月の半分は自宅で引きこもっていたから、早く感じるのであろう。いやはや大変だった。

んが、症状が緩和してからは酒とか飲んで朝遅くまで寝たりして、完全にぐうたらだったことは職場の誰にも言っていない。みな同情の声を寄せてくれただけに、後半の有様は伏せておく。

今年もコロナかぁと思っていたら、ロシアのウクライナ侵攻が突然やってきて、戦争状態である。
こんなにも突然戦争ってやってくるのか…という感じである。

核保有国の戦争はどうあっても怖い。
ウクライナのように核を放棄した国は、日本も他人ごとではない。こんなに簡単に侵攻されてしまうのかという脅威がある。

コロナも戦争もどちらもキツイ。なんだか暗い2022年である。

実家の近くのバッティングセンター

4606621_s
年始は子供もつれて久々に埼玉の実家に帰省。コロナでしばらく宿泊などはしていなかったが、当時はだいぶ落ち着いていたので2泊3日でお泊り。

親も高齢であるが、孫と長く過ごすのは久しぶりで、その発育ぶりに驚いていた。少し会わないだけで、特に娘などは言葉が大分発達しているのだろう。息子もなんだか、饒舌になっている。

子どもたちにとっても両親にとっても楽しい時間だったよう。
親孝行とはこういう何気ない時間ではないだろうか…と勝手に思う。というか、我々夫婦も子供を預けて、二人でちゃっかり焼き肉食べに行ったりしたった。

ところで実家の近辺には、小学生の時から行っていたバッティングセンターがある。
いまだ健在で、昭和の雰囲気がそのままタイムトリップしたがごとくのたたずまい。本当に昔のままであった。昭和はいい。なんだか落ち着くわ。

中にあるゲーム機も「ぷよぷよ」である。
まったく更新されていないこの感じ。昔は、管理部屋みたいなところに、白髪のパンチパーマをしたおっさんが金属バット片手にテレビ見てたけど、今は…。同じようなおっさんがいるよ!おっさんすら時空を超えている。

ちょっとした感慨に浸っていたが、目的は子どもたちにバッティングさせること。
初めて来るという子どもたちに、200円を渡してとりあえず一番スローな60kのソフトボールの打席へ立たせる。

まずは息子から。ほぼ本格的な野球やったことがないからか、へっぴり腰。しかし、熱血指導者さながらに、教えたらチップやゴロを打てるようになった。

運動好きの娘も5球くらい打てた。
しかし少し、不満そうな二人。満をじして俺が打席に立つ。バッティングとはこうやるんだと見せるためである。子どもの手前、格好つけたい。

さりげなくバッターボックスに入ったがソフトボールの75kである。見たところ子供らに、その難易度の低さはバレていないようである。

200円投入し、大リーガーのごとくバットを後方でグルグル回しながら構える。コイコイ!
しかし…。うんともすんとも言わないバッティングマシーン。
あれ…金入れたけどな。
さらに、しばらく待っても球が来ない。

くそ、硬貨がつっかえてるのか。っち、これだから昭和は嫌なんだ。舌の根も乾かぬうちに昭和をディスる俺…。目の前に昭和君がいたら、顔面に唾を吐きかけそうな悪態をつきつつ、ホームベースをまたいでお金を入れる場所に行こうとした。
その刹那「シュッ」という音。左のモモに何かがあたる。どすッという鈍い音。遅れてくる激痛。「いたっ!」そう、ソフトボールの凶弾が左の太ももを襲ったのだ。

遅ればせながら始動したバッティングマシーンの投球が俺のモモにストラーーイック!
一瞬、赤ちゃんのようにゆがむ俺の顔…しかし、次の瞬間、微笑んだ俺。
もちろん後ろのガラス越しに見ている子ども+妻を意識してのこと。

本当は転がって派手にパフォーマンスしたいところである。痛いからね。
ぐっと堪えて、二球目を平然と打ち込む俺。その後もバッターボックスに立ち続け、なんと19球中(1球は俺の太ももへ)18球ほどを打ち返した。
軽快な動作で、どうだった?と爽やかな笑顔で語りかける俺に、すこし苦笑していた家族の面々。

翌日、左ももに見事な大きさの痣ができた。そこから3日くらいずっと痛い。そこそこの内出血。
まだソフトボールだったからよかったが、これが100kの軟球だったら…。
再起不能に陥っていたかもしれない。
昭和レトロのバッティングセンターは時間軸もレトロである。なかなか球が来ないからといって、ホームベースを横切ってはいけない。
せっかちな人ほどお気をつけください
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ